読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【茶器紹介】いつでもどこでも、急須で淹れたような味わいの美味いお茶を。MacMa(マックマー)社のT-Free

f:id:watanabecook:20161111165303j:image

一風変わったデザイン。底の部分の「茶こし」がポイント。

-------------------

こんにちは!d:matcha Kyoto magazineのTakeshiです。

以前から茶器レビューの記事をアップしておりますが、今回も茶器を紹介する記事となります。今までの記事一覧はこちらから。

今までにもティーストレーナーや急須を紹介してきましたが、今回は「水筒」にもなる「茶器」の紹介となります。

商品名はMacma(マックマー)社のT-Freeという商品。

 

公式HPはこちら。

https://static.wixstatic.com/media/615c2a_35248f5741103227e71f6c4df2a65834.jpg/v1/fill/w_285,h_285,al_c,q_80,usm_0.66_1.00_0.01/615c2a_35248f5741103227e71f6c4df2a65834.webp

 

 

商品を一言でいうと「ストレーナー(≒茶こし)つきの水筒」

HPに記載がありますが、

ティーフリーはストレーナー付の水筒です

 

ステンレス製のストレーナーは、お茶でも、紅茶でも、コーヒーでも何でもいれられます。まずは、ふたを開けストレーナーにお好きな茶葉・コーヒーを入れます。

とあります。ストレーナーというのは、厳密に訳すと茶こしではないのですが、「液体から固形成分を取り除くもの」という意味ですので、日本人にとっては「茶こし」と訳してしまうのがわかりやすいでしょう。

 

普通、お茶を水筒に詰めて持ち運ぶには、

”急須に茶葉を入れ、お湯を注いで抽出したものを水筒に詰める”

というように、急須などから抽出したものを水筒に詰めることが一般的かと思います。

しかし、熱湯で淹れてから時間がたったお茶は、どうしても味も風味も劣化してしまいがち。

 

それに対して、こちらの商品があれば、急須を持っておらずとも茶葉とお湯さえあれば、いつでもできたてのお茶を味わうことができるのです。

なぜなら、水筒に茶こしがそのままついているから。理由はシンプル。

早速現物をみてみましょう

f:id:watanabecook:20161111165008j:image
箱の外観。

f:id:watanabecook:20161111165028j:image
使い方の解説があります。お茶だけではなく、コーヒーも粉から作ることができるようです。(個人的には、コーヒーを入れると香が強く残ってしまいがちなので、珈琲とお茶を同じ水筒にいれるのは避けるようにしていますが・・)

f:id:watanabecook:20161111165038j:image

箱側面。デザイン性が高く、また触り心地のいい質感の箱に入っています。プレゼントにもよさそう。

f:id:watanabecook:20161111165101j:image

開封。上蓋に注意書きが。後述しますが、熱湯を注ぐものなので、蓋をしっかり閉めないと危険なことになります。

注)この商品に限らず、とりわけすべての水筒で同じことだと思いますが・・

f:id:watanabecook:20161111165110j:image

パーツのすべて。上下ともに蓋を外すことができるので、非常に洗いやすく衛生的です。普通の水筒は、どうしても底が洗いにくく汚れがたまりやすいですからね・・。

f:id:watanabecook:20161111165117j:image

組み立てた完成品はこちら。中央にゴムの持つ部分がついていますが、ここはお湯を入れると非常に熱くなりますので、使用する際には注意が必要です。

※注:専用の保温ケースも売っていますので、気になる方は購入されてもよいかと思います。

https://static.wixstatic.com/media/615c2a_5a87017c5e68e6d3195b199788a01af2.jpg/v1/fill/w_270,h_170,al_c,q_80/615c2a_5a87017c5e68e6d3195b199788a01af2.webp

ティーフリーウォーマーで快適に!

 

ウェットスーツ用素材を使用したティーフリーウォーマー(別売り)を使用すれば、夏は保冷、冬は保温で一年中快適に使用することが出来ます。
持ち手がついて通勤、通学時やアウトドアなどティーフリーの使い方が更に拡がります。

f:id:watanabecook:20161111165128j:image

色は白のほかにも、ピンクやブラック、ブラウン、グリーンと豊富にそろえられています。

f:id:watanabecook:20170107023235p:plain

f:id:watanabecook:20161111165148j:image

商品帯。キャッチを見るとわかりますが、

・お湯出しでも水出しでも

・お茶・紅茶・コーヒー・なんでも

・ご家庭・オフィス・アウトドア・どこでも

と、「なんでも」と「どこでも」を両方揃えているので、もうなんでもありってことですね。実際、商品は非常に汎用性が高いです。

f:id:watanabecook:20161111165156j:image

注意事項。やけどなどへの注意を呼び掛けるものが多いです。

f:id:watanabecook:20161111165205j:image

お手入れについて・本体はいわゆるポリエステル製品のため、固いスポンジや研磨剤入りの洗剤を使うと、傷がついてしまうことがあるようです。優しく洗いましょう。

f:id:watanabecook:20161111165216j:image

取扱説明書。こちらはHPでも確認がとれますし、またYoutubeでもしっかり使い方の商品紹介がされています。

www.youtube.com

ストレーナーの大きさがポイント!実際に入れてみた

なんといってもうれしいのは、ストレーナーが大きいことです。実際に、3

gほどの茶葉を入れたとしても・・・

f:id:watanabecook:20161111165235j:image

十分に余裕があるスペース。

f:id:watanabecook:20161111165245j:image

底面に茶葉が入ったストレーナーをセットします。

 

そこからお湯を注いで・・・しばし待ちます。f:id:watanabecook:20161111165350j:image

使ってみての感想としては、この商品は急須と違って密閉空間なので、空気が循環しない分、お湯のめぐりが若干遅く感じます。そのため、いつもより気持ち長めに茶葉の抽出時間を確保したほうが、美味しくいれることが出来ました。

 

ちなみに、上下の蓋のパッキンはしっかりしまるため、横にしても漏れません。

※くどいですが、しっかり蓋を閉めないと漏れる可能性があるので、お湯を入れる前にきちんと蓋が閉まっているかを確認しましょう。

f:id:watanabecook:20161111165303j:image

いつもより気持ち長めに待ちます。

f:id:watanabecook:20161111165315j:image

しっかりお茶の色が抽出されてきました!

(使用したお茶は、

【d:irect】 Sen-cha / 京都宇治煎茶 / d:matcha Kyoto オンラインショップ

 です。深蒸し茶と違い、色味は薄くとも香りと味を重視する、一般的な煎茶なのでこのくらいの濃さが飲み頃です。

f:id:watanabecook:20161111165325j:image

非常に持ち運びやすい。

 

外出するだけではなく、オフィスで使うように購入するのも面白いかと思います。たっぷり入るので、水分補給で何度も席を立つ必要もなく便利。

f:id:watanabecook:20161111165334j:image

飲み進めていくと、もう茶葉から抽出したくないな、という時がくるかと思います。そんなときは、水筒をそのままひっくり返せばOK。写真のように、そのまま水切りをすることができます。こういう工夫があることが嬉しいですね。

(※ちなみに理想を言えば、反対側から飲むときにはこの水切りされた茶殻にもう一度抽出されたお茶がつかってしまうので、それはなんとか解決できるといいですが・・。茶殻に再度お茶がつかるのを避けるために、途中でストレーナーだけ取ってしまうのもありだと思います。)

-------------------

ここまで見て頂いたのでもうご理解頂けたかと思いますが、ストレーナー部分がたっぷりスペースが設けられているため、日本茶も美味しく抽出することができます!

(欲張って茶葉をたくさん入れずに、少し余裕をもって入れましょう)

 

これをひとつ持っていれば、オフィスや外出先でも気軽に茶葉からお茶を楽しむことができます。

例えば、この水筒に茶葉だけいれて持ち運び、オフィスに着いてからお湯を入れれば・・・オフィスで急須を使わずに、(しかし急須で淹れたような)お茶をのむことができるのです。なんて便利。

 

ティーパックは味気ないからちょっとな・・と思う味にこだわりのある方へ。

ぜひ気軽に茶葉とともに過ごす生活のお供に、MacmaのT-freeをオススメします。

-------------------

Amazonでも購入できるようです。

Amazon | ティーフリー500ml T-Free (カラー:ブラック) ※使い方自由なツインキャップボトル | トリートメント 通販

-------------------

d:matcha(ディーマッチャ)は生産スタッフが愛情をこめて作った、京都・和束町産のおいしい茶葉+お茶を美味しく淹れられる、ティーウェア・茶器を販売しています・オンラインストアはこちら!

f:id:misato_mikan:20161110234019j:plain

本商品については・・今しばらくお待ちください!絶賛検討中でございます。