読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【茶ニュース】2016年10月:日本で販売開始されるTEAVANAとは?メニューや日本での展開、海外店舗の様子などを徹底レポ!

こんにちは!d:matcha Kyoto magazineのTakeshiです

f:id:watanabecook:20160930010915p:plain

画像はFNNニュースより

 

いま、海外で人気の「TEAVANA」を知っていますか?

TEAVANAとは、2016年10月3日より、スターバックスの各店舗で販売が開始される、いま世界で人気のお茶のブランド名です。この記事では、TEAVANAについて、本場アメリカでの様子を織り交ぜながらご紹介していければと思います!

■どんなブランド?

海外のTEAVANAの店舗では、その場で飲めるお茶のドリンクや、茶葉・茶器を販売しており、アメリカ、カナダ、メキシコ等を中心に400以上の店舗を展開しています。もともとは独立したブランドでしたが、2012年12月31日にスターバックスが6億2千万ドル!で買収され、注目を集めました。

この秋から、TEAVANAのブランド名にて、世界中のスターバックスチェーンにて、販売を開始しています。 

f:id:watanabecook:20160930010958p:plain
画像はFNNニュースより

 

■読み方は?

f:id:watanabecook:20160930011551p:plain

画像は公式サイトより

 このTEAVANAの読み方ですが、「ティーバナ」と読むと思いきや、公式サイトによると「ティバーナ」と発音するようです。

 

■日本ではどこに店舗ができるの?

f:id:watanabecook:20160930011029p:plain

残念ながら、日本でオープンするのは「TEAVANA」の店舗ではありません。国内にある「スターバックス」の一商品として、TEAVANAが展開されるのです。

 

日本では、 2016年9月28日に記者発表会が行われ、

・Cafe & Espresso(カフェ&エスプレッソ)

・Frappuccino(フラペチーノ)

に次ぐ、第三の柱として

・TEAVANA

が登場するとのことです。

■どんなメニューが発売される予定なの?新商品は?

こちらの記事に、記者会見の様子がレポートされておりますが、まずは下記の商品が販売されるようです。

日本のスタバで発売されるメニュー

①イングリッシュブレックファスト

アッサム・セイロン・ブラックティーをブレンド。ミルクとの相性もいい。

アールグレイ

ブラックティーにベルガモットエッセンスとソフトラベンダーを組み合わせた華やかなブレンド

③ミントシトラス

グリーンティーにレモンバーベナ トロピカルレモングラスを組み合わせ、鮮やかさとシトラスグリーンのフレーバーを与えるスペアミントをブレンド

カモミール

やわらかく滑らかなフローラルブレンド

⑤ほうじ茶

香ばしく豊かな風味を追及し、こだわり抜いた茶葉をブレンド

 

私はなんといってもほうじ茶が気になりますね・・・!

気になるお味は・・・

日本では、10月3日から楽しむことができるようなので、また発売日にはしっかりレポしたいと思います!

 

追記:10/24

こちら、日本でTEAVANAを味わった別の記事をアップしました!

magazine.dmatcha.jp

・・・せっかくなので、一足先に海外のTEAVANAをレポ

実はD-matchaには、アメリカに直近まで住んでいたメンバーがおります。そのため、一足先にTEAVANAで商品を楽しんだ時の様子をお伝えしたいと思います!misatoさんに、ここでバトンタッチです(´・ω・)

-------------------

TEAVANA ストアレポートin Boston

 こんにちは、d:matchaのmisatoです。2016年5月までアメリカのボストンに滞在していました。TEAVANAはお気に入りの茶葉専門店だったので、よくTEAVANAでお茶を購入していました。

f:id:watanabecook:20160930021521p:plain

(画像は公式HPより)


 初めてお店を訪れたとき、外国の人たちの柔軟な発想によって生まれた、日本には無いたくさんの種類のフレーバーや売り方に衝撃を覚えました。以来、TEAVANAのファンになり、TEAVANAが日本に上陸するのを心待ちにしていた一人です。

 下記は、TEAVANAのInstagramアカウントより。色鮮やかな写真が多いですね~。

f:id:watanabecook:20160930021635p:plain

f:id:watanabecook:20160930021738p:plain

 

米国ではすでにスタバでTEAVANAのドリンクの一部が飲める

 米国では、既にスタバの店舗で、TEAVANAのドリンクの一部が提供されています。TEAVANAの店舗では、茶葉(loose leaf)を販売するのがメインなので、TEAVANA店内にカフェがあるわけではありません。(店舗内でもドリンクもお金を払えば飲めますが、座って飲めるようなカフェ形式にはなっていません。)

 

 今回、日本でもスタバの店舗でTEAVANAのドリンクが展開されるのも、この米国方式と同じオペレーションで行われるのだろうと思っています。

 米国では知名度があるブランドですが、日本には馴染みのない茶葉専門店「TEAVANA」について、より知っていただくため、お店の雰囲気や商品の特徴をレポートしていきます!

TEAVANAの特徴➀:洗練された雰囲気、居心地の良い店舗

 こちらは私が良く利用していたボストン郊外の「Natick Mall」というショッピングセンターに入っていたTEAVANAの店舗です。

f:id:misato_mikan:20160929232904j:plainf:id:misato_mikan:20160930005031p:plain

TEAVANA Natick Mall店。こうみると、随分日本からは離れていますね・・

(画像はGoogle Mapより)

 

店舗は、ガラス張りで外から商品が見えるおしゃれな作りになっています。
f:id:misato_mikan:20160929234523j:plain
少しカジュアルめのワイン専門店を思わせるような、洗練された中にも入りやすい雰囲気を醸し出しています。店頭では、フランクな店員さんが季節のおすすめの飲み物を薦めてくれることが多いです。

 

 米国でお茶好きな人たちは、流行りに敏感なおしゃれな人たちが多いと感じます。そのせいか、TEAVANAに来るお客さんも、店員さんも、スリムで美人な方が多くて、店舗の居心地は非常に良かったです。

 

店舗の中は、こんな風に商品が美しくディスプレイされています。f:id:misato_mikan:20160929232906j:plain

日本製品なのか、急須もたくさん置かれていますね。

f:id:misato_mikan:20160929232924j:plain
※こちらは別のお店ですが、同じボストンにあるChestnut hill mallのTEAVANAです。たくさんの商品が整然と並んでおり、お茶好きにはたまらない空間になっています。

TEAVANAの特徴②:世界中の、様々な種類のお茶を楽しめる

TEAVANAの商品カテゴリは、産地も種類もさまざま。紅茶、ウーロン茶、日本茶ハーブティー、マテ茶、ルイボスティー、などなど、まさに世界中のお茶を楽しむことができます。

f:id:misato_mikan:20160930001358p:plain
f:id:misato_mikan:20160930001313p:plain

(画像はTEAVANA社ホームページよりお借りしました。紅茶、ウーロン茶のラインナップのほんの一部です。)

TEAVANAの特徴③:日本にはない豊富な種類のフレーバーティー

TEAVANAの目玉は、何といってもフレーバーティー実は米国では、普通のお茶よりもフレーバーティーが圧倒的に好まれており、TEAVANAでも様々な商品が販売されています。

f:id:misato_mikan:20160929232910j:plain
こちらは「WELLNESS TEA」という、体調を整える健康機能をウリにしたカテゴリのお茶です。免疫機能を高める「DEFENCE」、デトックスを促す「PURIFY」など、ヘルシー志向の女子たちに人気でした。

f:id:misato_mikan:20160929234520j:plain
こちらは「RECOVER」というお茶で、私が愛飲していたものです。

f:id:watanabecook:20160930015251p:plain

(画像は公式HPより)

f:id:misato_mikan:20160929234521j:plain
このお茶には、Green teaやレモングラス、柑橘のドライフルーツなどたくさんの種類の茶葉や食材が混ざっています。お茶好きとしては、こんな風に何が入っているかを見てみるのも楽しいものです。

 

 TEAVANAのフレーバーティーは、日本で一般的に販売されているような、茶葉に香料だけで匂いを付けている類のものではありません。いろいろな茶葉に、食材と香料とがミックスされており、目で見ても華やかなお茶となっています。

f:id:misato_mikan:20160929234519j:plain
米国では、茶葉はお店で量り売りしてくれます。こんなに大きな缶の中に入ったお茶を、店頭で実際に目で見て香りをかいで、自分の好きな量だけ注文することができるのが嬉しいですね!
f:id:misato_mikan:20160929234522j:plain
ちなみに、米国のフレーバーティーは、香りも味も強めが好まれます。アメリカテイストだからでしょうか・・・。時々、お茶の種類によっては、日本人には香りが強すぎるな・・・と感じることもあります。

 今回、日本で提供されるTEAVANAのドリンクが、日本人の嗜好に寄り添ったテイストで出されるのか、それとも本場の米国のテイストそのままなのかも注目です!早く呑んでみたいところです!

TEAVANAでも大人気、日本の抹茶

今、世界では空前の抹茶ブームです。世界のヘルシー志向の人たちが、抹茶の健康効果に注目しています。 

f:id:misato_mikan:20160929232907j:plain
TEAVANAでも写真のように、抹茶コーナーが大きなスペースで設けられています。抹茶の販売に力が入っていることがよくわかります。

f:id:misato_mikan:20160929232909j:plain
抹茶と一緒に、茶筅と抹茶椀が売られているのも興味深いですね。世界のお茶の中で、日本茶が評価されて、広まっていくのはなんだか嬉しいものです。
f:id:misato_mikan:20160929232905j:plain
ちなみに、米国では、抹茶をスムージーに入れて飲むのが流行っています。こんな風にTEAVANAもスムージーレシピと一緒に抹茶を売っています。
米国の人たちにとっては、「抹茶=茶道に代表される文化的な飲み物」というよりも、「抹茶=健康食品・スーパーフード」という認識がなされているようです。

世界のお茶文化を伝えるTEAVANA

f:id:misato_mikan:20160930005549j:plain
TEAVANAの店舗にいくと置いてあるパンフレット。

この冊子の中では、世界中のお茶の種類や特徴などが丁寧に説明されています。また、店員さんに商品について質問すると、日本の家電量販店の店員さん並に、詳しく説明をしてくれるので、そのお茶に対する熱意に心打たれます。

f:id:watanabecook:20160930020041p:plain

こちらがTEAVANAのロゴです。座禅をしているように見えますね。・・・私の勝手な想像ですが、アジア圏のお茶文化にインスパイアされているのではないかと思います。世界のお茶文化をリスペクトしながら、広めてくれるところに非常に好感を持っています。

というわけで、日本でのTEAVANAの販売開始が待ち遠しい!

いかがでしたか?茶葉専門店「TEAVANA」のことを、みなさまに伝えられたでしょうか。まずは日本では5種類ほどのお茶が販売されるようですが、TEAVANAの魅力的な商品ラインナップを生かして、今後の商品の展開も大いに期待できると思います。
今後もTEAVANAに注目していきます!