d:matcha Kyoto magazine

和束町にて、お茶農家&カフェを営むd:matcha Kyotoのブログです

【手もみ体験】生の茶葉を手もみ&電子レンジで煎茶にしたら、機械とどれだけ差が出るのかやってみた

f:id:watanabecook:20170621004707j:image

生産担当がたくさん生葉をもってきてくれました。

-------------------

こんにちは!d:matcha Kyoto magazineのTakeshiです。

 

今回は「茶葉を手もみ」してみたレシピ・体験談と、「機械で製茶した場合とどれだけ差が出るのか比較してみた」記事です。

 

ちなみにこちらの記事で扱っている茶葉は、d:matcha Kyotoが手がける無農薬栽培のお茶「見習い煎茶」をつくった茶畑から手に入れています。

こちらの茶葉、おかげ様でたくさんの方にご好評いただいております(´・ω・)!

 

さて、初めての手もみ体験。機械との比較はどうなるでしょうか・・・?

続きを読む

京都の天然温泉!わかさぎ温泉・笠置いこいの館にいってきた。和束町から車で20分【和束町周辺】

f:id:watanabecook:20170621224447p:plain

天然温泉、というのがいい響き。

(画像は公式HPより拝借致しました)

-------------------

こんにちは!d:matcha Kyoto magazineのTakeshiです。

今回は、d:matcha Kyotoのある和束町から車で20分のところにある、わかさぎ温泉・笠置いこいの館にいってきた!記事です。

公式HPはこちら。

 ゆったりと疲れがとれ、癒されました・・・(´・ω・)

 なお、私はこのブログの記事を書くためにHPを見て気づきましたが、温泉入浴料金が100円引きになるクーポンがHPよりゲットできるようなので、訪問される際はそちらをご使用すると良いかと思います!

クーポンはこちらから↓

続きを読む

和束町では簡単にホタルが鑑賞できる!d:matcha Kyotoのお店の前も◎【和束町周辺】

f:id:watanabecook:20170621005112j:image

夜にたたずむ、d:matcha Kyotoのお店。このすぐ下でホタルが鑑賞できます。

-------------------

こんにちは!d:matcha Kyoto magazineのTakeshiです。

 

本日はライトな話題。

d:matcha Kyotoのお店がある和束町。町の中心には川が流れ、この川がお茶づくりに・・・といった解説をしたくなりますが、本日はお茶ではなく「ホタル」についてご紹介致します!

f:id:watanabecook:20170621005427p:plain

蛍といえば、梅雨~夏の風物詩。まさに儚い、という言葉がぴったりの優しい光が見る人を癒します。そんな蛍ですが、和束町では簡単に鑑賞することができます。

 

・・・本当は、蛍鑑賞スポットをブログにてご紹介しようと思ったのですが、控えます。というのも、和束町では中心を流れる川沿いを歩けば、ホタルはすぐに見ることができるからです。もちろん、d:matcha Kyoto CAFE&KITCHENの目の前の川でもホタルが光る様子が観察できます。

f:id:watanabecook:20170621005106j:image

さすがに蛍の光は撮影ができない(;´・ω・)

 

地図でいうと、この場所&この川です。

f:id:watanabecook:20170621010313p:plain

まさに、町の真ん中を流れる川です。

 

ホタルはきれいな水質でないと生息できないとよく言われますが、和束町での街中を通る川なら、大体どこでも鑑賞することができます。和束町は川の水質が良く、どこでもホタルが鑑賞できるレベルということですね・・・。

f:id:watanabecook:20170621005109j:image

というわけで、夜に和束町をドライブされる方は、時間があったら少し川べりへ視線を運んでみてはいかがでしょうか。季節限定で、儚い光模様に癒されるかもしれません。

 

 

本日は以上です!

-------------------

d:matcha(ディーマッチャ)は生産スタッフが愛情をこめて作った、京都・和束町産のおいしい茶葉+お茶を美味しく淹れられる、ティーウェア・茶器を販売しています。今回紹介した新茶以外にも、様々煎茶のご用意があります!

オンラインストアこちら!

f:id:misato_mikan:20161110234019j:plain

【d:matchaのこと】お茶農家といく和束町・釜塚山の茶畑ツアーをご紹介!予約もできます◎

f:id:watanabecook:20170609142400j:image

田んぼの間の道を通って、釜塚山へ向かいます。

-------------------

こんにちは!d:matcha Kyoto magazineのTakeshiです。

f:id:watanabecook:20170620020119p:plain
カエルになりました。茶畑ウォーク中には田んぼの間にある道を通りますが、カエルの鳴き声がそこかしこから聞こえます。

 

さて、d:matcha Kyotoではお茶処・和束町を体験できるパッケージをどんどん開発中です!店舗でお茶の飲み比べはもちろん、抹茶の石臼体験や煎茶のオリジナルブレンド体験など、お茶について初心者から上級者の方でも楽しめる内容をご用意しています。

じゃらんnetの観光ガイドからは、それら体験の予約を受け付けております♪

その中から、本日はd:matcha Kyotoの立地ならではの「釜塚山の茶畑ツアー」についてご紹介いたします!

 

ちなみに英語サイトはこちら。全ての体験プランはAll Englishでもご案内しています。

http://www.dmatcha.com/activity

続きを読む

【d:matchaのこと】和束町にてお茶の無農薬・有機栽培の挑戦開始!

f:id:watanabecook:20170617012658j:plain

どこに茶畑があるのか、わかりますでしょうか・・・?

-------------------

こんにちは!d:matcha Kyoto magazine・生産担当のChiseiです。

f:id:watanabecook:20170617013408j:plain
最近茶畑で撮影してもらった写真がこちらです。我ながら真剣そうw

 

お茶のシーズンで最高に忙しい日々でしたが、このたび新しい茶畑での挑戦が始まったのでご報告です!

 

このたびd:matchaは、和束町にて無農薬・有機栽培に挑戦できることとなりました!

 

日本では緑茶の有機栽培の比率はなんと2-3%と非常に少なく、ここ和束町でも慣行栽培が通例となっています。

しかし、世界にお茶を発信するd:matcha Kyotoとしては、有機栽培で良質な日本茶を栽培することはかねてからの夢でありました。いよいよ本格的に栽培をスタートすることができ、非常に感慨深いものがありました。

(※日ごろ販売するお茶は、すべて国の定める基準を満たした薬品を最低限度使用しチェックされた、安全なお茶です)

 

ここからは写真中心にレポート致します!

まず、茶畑の場所ですが・・・冒頭の写真でわかったでしょうか?

f:id:watanabecook:20170617013635p:plain

丸で囲った、ここが茶畑です。とんでもなく離れた場所にあるように見えますが、実際離れた場所にあります。といっても、d:matcha Kyotoのカフェがある場所から車で15-20分ほどでしょうか。

f:id:watanabecook:20170617013809j:plain

こんな道を超えていきます。

f:id:watanabecook:20170617013813j:plain

とてもじゃないですが、乗用車では登れません。軽トラック最強です。4WDとデフロック必須。

 

さて、この山道を超えると・・・

f:id:watanabecook:20170617013819j:plain

最高かよ、というような開けた景色が待っています。とっても心が癒される・・・。

f:id:watanabecook:20170617014919j:plain

山道の斜面に茶畑が広がります。

f:id:watanabecook:20170617013830j:plain

実際に、茶畑は急斜面。

f:id:watanabecook:20170617013846j:plain

ちょっと気を抜くと転げ落ちてしまいそうです。(慣れます。実際、茶刈り機をもってなんどもこの急斜面を往復します)

f:id:watanabecook:20170617013903j:plain

この日は茶畑の様子を見つつ、収穫できるタイミングを見極めに来ました。今回お借りした茶畑は、一部は耕作放棄されつつも、一部は最近まで手入れがされていたために今年から収穫ができるのです。

f:id:watanabecook:20170617013915j:plain

一部、放棄されていた茶の木。人の背丈以上にぐんぐん伸びています。写真で写っているアカは身長180cm近いですが、それよりも相当伸びています。

f:id:watanabecook:20170617013927j:plain

この茶畑はかなりの山奥にあり、アクセスは不便です。ただし、周りが山々に囲まれているためドリフト(※他の畑で使用した農薬が周囲に漂うこと)を防ぐことができ、無農薬栽培には適した土地です。

 

 

さて、後日収穫を行ってきました!

f:id:watanabecook:20170617013939j:plain

収穫の日は晴れていてとっても気持ちがよかったです!(暑いくらい・・・)

f:id:watanabecook:20170617013942j:plain

アカと2人で刈っていきます。急斜面を何度も往復するのは大変ですが、この収穫の作業は非常にやりがいがあります。斜面が急すぎて、普通の茶刈りではしない体勢になったりしてます。。

f:id:watanabecook:20170617013945j:plain

f:id:watanabecook:20170617013947j:plain

機械のお手入れも農家の大切な仕事。生物だけではなく、物理や化学の知識も求められます。

 

さて、収穫した茶葉を加工場へ持ち込みます。

f:id:watanabecook:20170617014055p:plain

お茶の葉っぱは、軽トラックごと計量します。100kgとかすぐに超えるため、細かく計量はできないです。

f:id:watanabecook:20170617013956j:plain

f:id:watanabecook:20170617013949j:plain

茶葉を加工に回している様子。

f:id:watanabecook:20170617013951j:plain

美味しい茶葉になりますように・・・。

 

こちらの畑で収穫された煎茶の販売を開始いたしました!下記リンクからお買い求め頂くことができます!

 

 

最後に、茶畑から見える夕方の美しい風景でお別れです!

f:id:watanabecook:20170617013834j:plain

これからも、しっかりと茶畑の様子を発信していければと思いますので、応援よろしくお願い致します!

-------------------

d:matcha(ディーマッチャ)は生産スタッフが愛情をこめて作った、京都・和束町産のおいしい茶葉+お茶を美味しく淹れられる、ティーウェア・茶器を販売しています。今回紹介した新茶以外にも、様々煎茶のご用意があります!

オンラインストアこちら!

f:id:misato_mikan:20161110234019j:plain